若者に人気の家|シェアハウス経営という手段

大変便利なシステムです

ウーマン

家賃債務保証制度を利用することにより、借主の連帯保証人を専門業者が代行します。貸主にとってリスクとなる家賃滞納を防ぐことができる制度となっているのです。この制度は貸主と借主双方に安心感をもたらします。

便利な制度

レディ

賃貸保証会社は、マンションやアパートを借りたい人の代わりに保証人になるとても便利なサービスの事を言います。借りる側だけではなく家主にも十分なメリットがあるのです。家賃滞納によるトラブルなども避けられ、物件の魅力も向上するため空室によるリスクを軽減できます。

人気の賃貸物件を経営する

インテリア

若者に人気のシェアハウス

賃貸経営にはアパート・マンション・貸家などさまざまなスタイルがありますが、近年はこれらに加えてもう1つ、シェアハウス経営が注目を集めるようになっています。シェアハウスは、1軒の建物を数名から十数名程度の入居者で共有するタイプの賃貸住宅です。もとは入居者側が家賃を浮かせるために自発的に始めた居住スタイルだと言われていますが、現在はオーナーがシェアハウス専用の物件を用意し、入居者を募集するかたちを取るのが普通です。シェアハウスは、若い人たちを中心に利用されています。彼らがシェアハウスを利用する主な目的は、通常の賃貸住宅では生まれることのない人間関係が、共同生活によって築けるのではないかという期待にあります。最近の地域生活の中では失われがちな「ご近所づきあい」が、1つ屋根の下で実現できるという新鮮さが魅力となっています。

家賃収入にメリットあり

一方、オーナーの側に立った場合、シェアハウス経営は他の賃貸経営にはない利点がいくつか見受けられます。その1つは、入居者を確保しやすいということです。一般的な物件の場合、リビングや食堂、浴室などは共同使用とし、個室部分はベッドを机を置ける程度の必要最小限のスペースとするのがシェアハウス経営の基本です。そのため、同じ敷地面積のアパートやマンションよりも多くの入居者を収容できます。その分家賃も低めに設定できるため、人が集まりやすくなります。また、シェアハウスは住人による共同体意識が生まれやすいため、管理がしやすいという利点もあります。もちろんシェアハウス経営に管理業務が要らないというわけではなく、むしろ通常の物件とは違ったノウハウが必要になるのですが、防犯や整理整頓等については入居者の自主性に任せた方が管理がうまく行くという面があります。

将来の為の投資

マンション

マンション経営を行う時は管理業者に管理業務を委託する事もできます。管理業務を委託する事でオーナーの負担が軽減されるだけでなく、サブリース契約で委託する事でオーナーには一定の賃料が業者から支払われるので収益の安定化が図れます。