若者に人気の家|シェアハウス経営という手段

将来の為の投資

マンション

将来の為の不労所得

マンション経営では家賃収入を得られるだけでなく、マンションを資産として残す事ができます。そのため、長期的に運用する事で将来の収入源と資産を作る事ができます。収入を得る方法は他にもありますが、本業を他に持っている場合は取り組む時間が取れない場合もあります。しかしマンション経営であれば初期費用はかかりますが、労働収入とは違うので本業との両立がしやすいです。将来への資産づくりとして預金をする事も一つの方法ですが、現金預金の場合はインフレーションが起きると価値が下がってしまいます。しかし不動産への投資ならばインフレーションが起きた時にそれと共に不動産の価値が変動していくので経済の変動にも対応できる資産づくりです。

業者に管理業務を委託する

マンション経営をする時に必要な業務は入退去時の手続きや入居者の募集です。しかし本業を他に持ってる場合その業務を行うのが難しい場合もあります。マンション経営を行う時の管理業務は必ずしも自分で行う必要はなく管理業者に管理業務を任せることもできます。当然業務を委託するには手数料を支払う必要がありますが、無理に管理業務を行うより業者に任せた方が負担なく経営を行えます。管理業務を委託する時の契約には一般管理契約とサブリース契約があります。サブリース契約の場合は管理業者が借り上げる形でオーナーには一定額が業者から支払われます。そのため業務を代行してくれるだけでなく、一定の報酬を保証してもらえるので収益の安定化が図れます。